株主優待情報はブログ以外でも情報収集を

株主優待を目的とした株の投資をしている人も多く、優待の内容などをブログで発信しているという人も多いものですが、それを見て投資を始める時に注意が必要なことは、デザインアークのように上場廃止になってしまう銘柄というのもあるということです。
デザインアークの場合には倒産をしたわけではなく、大和ハウス工業の完全子会社となったことでの上場廃止であるため株の価値が全く無くなってしまったわけではないため、デザインアークに資産の大半をつぎ込んでいたとしても大きな損失を被ってしまったということはありませんが、それでも上場廃止となると予定が大きく変わってしまうこともあるだけに、このような事態もあるということをよく念頭に置いておく必要があります。

株主優待を目的として投資をするというのも立派な投資の目的の一つですが、ただ優待をもらうために何も考えずに優待のある銘柄を購入するというのは、かなりリスクの大きなものとなってしまいます。
優待を期待して株を購入するにしても、優待をもらうことで元が取れるのか、大きな損失を出すことがないのか行ったことを事前にしっかりと検討して企業の業績などをよく確認しておくようにしましょう。
これらのことを一切無視してただ優待があるからといって株を購入しては、株価が半値になって大きな損失を出してしまうということもあります。
また、株主優待というのは企業の業績が悪くなれば、廃止になってしまう恐れがありますから、業績に不安があるような銘柄を購入すると、優待をもらう前に優待がなくなってしまうといったこともあり得るため、優待を目当てとする場合にも企業分析をすることは重要なことであり、それをすることでリスクを低減することができます。